2008年10月26日

ギャラクシー・マスター デッキ環境考察(ビート系統編)

と言っても日本語が滅茶苦茶になっている可能性が高いので、適当に見てくださいね☆
■ビート系統
・赤単
攻撃力に長けているものの、手札消耗が激しく、また、一旦勢いを止められたり、序盤にS・トリガー《地獄スクラッパー》や《アクア・サーファー》を踏むと形成を逆転されやすい傾向にある。

・ジャック・ビート
人によって構築が異なるが多色カードが15枚前後入っている為、多少不安定な動きになる。だが、爆発したときはとてつもない力を発揮する。色々なデッキとオールマイティーに戦える。課題は《タージマル》かな?
たるほはネ申ですね。

・シータビート
進化クリーチャー《大勇者ふたつ牙》《エンペラー・マルコ》により、マナ加速、手札補充をする事により、息切れせずに展開、攻撃をする事が可能。《ボルシャック・大和・ドラゴン》や《ロウバンレイ》の攻撃力は魅力的だ。

・グラデビ・ビート
《スナイプ・アルフェラス》による大量ドローからグランド・デビルを大量展開し、攻撃するデッキ。《スナイプ・アルフェラス》や《ジョーズ・ジャクス》のデメリットを《アルゴ・バルディオル》によりカバーし、手札補充が可能。安定性が高いと見る。

・緑単
2ターン目の《フェアリー・ギフト》からの大型W・ブレイカーの《クラウド・メイフライ》や《レベリオン・クワキリ》召喚を狙ったデッキ。マナ進化クリーチャー《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》のシールド・フォース能力により、小型ブロッカーを紙切れにする能力は素晴らしい。だが、赤単と同じく、手札消耗が激しく、一旦勢いを止められると厳しい所がある。

・ドリメビート
《囚われのパコネコ》は自軍にビークルビーがいれば対象に取られなくなったり、《レオルド》によるスリリング・スリーのシールドを公開し、S・トリガーであれば無条件で破壊、また、《ケンジ・パンダネルラ将軍》によるクリーチャーの無料召喚などと言った個々の能力が個性的なデッキ。しかし、これもまた手札消耗が激しく、一旦勢いを止められるとやや厳しい所がある。

次回はコントロール系統の考察をしてみます。
posted by ヒナギク at 23:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。