2008年10月31日

ギャラクシーマスター デッキ環境考察(コントロール系統編)

前回のデッキ環境の考察のコントロール編です☆
・キングクイーンアルカディアスロック(クイーンがデルフィンのパターンもあり)
最速5ターン目に《キングアルカディアス》を召喚する事が可能なデッキ。キングアルカディアスに《ペトリアルフレーム》をクロスされたら、ほとんどのデッキが抵抗出来なくなるであろう。

・黒ラン
ひたすらランデスを続け、相手が身動き取れなくなった所で《ボルメテウスレッドドラグーン》等により相手のシールドトリガーを恐れずに安全に勝てるデッキ。強い。
・吸引ロック
とてもいやらしいデッキ。…とだけ言っておこうか。これの強さはみんな知ってるはずだし。弱点はビートかな?
・古
相手のバトルゾーンを完璧に制圧、数が揃った所で一斉攻撃するデッキ。《凶星皇ダークヒドラ》が殿堂入りした今も現役のデッキだろう。
・龍神
ヘヴィメタルが揃うととても厄介なこのデッキ。クリーチャーだらけのデッキでこれを揃えられたらまず勝ち目は0に等しいだろう。
・五神
《黒神ダークインドラ》がとにかくえげつない。地神、炎神、黒神の3体を揃えられたらほぼゲームエンド。シールドが0の状況でも《憎悪と怒りの獄門》により一発逆転も可能。

今日はこの辺で。
posted by ヒナギク at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。